[代引不可] 日動 アースクリップ(オスジョイント付) 【NAEJ5】 f970egdrt32171-溶接機

ポイント15倍ジョインテックス セロハンテープ18mm×50m200巻 B642J-200送料無料送料無料 (業務用100セット) ヤマト 固形アラビック YS-35 40g
(まとめ)スリーエム ジャパン 超透明テープS 18mm×9m 2巻 CC1809-R2PN〔×200セット〕佐川急便で発送しますポイント15倍(業務用100セット) ニチバン 製本テープ/紙クロステープ 〔25mm×10m〕 BK-25 銀送料無料

[代引不可] 日動 アースクリップ(オスジョイント付) 【NAEJ5】 f970egdrt32171-溶接機

このページを携帯電話・スマートフォンなどでご覧になるとパケット料金がかかります。ご注意ください。

増税いよいよ : 今日の写真は語る : 写真 : 読売新聞オンライン

 ラグビー日本選手権 神戸製鋼 18季ぶりVの両日、全国国公立幼稚園PTA全国大会が、島根県出雲市で開催され、高森も全幼P理事として、また総会議長団の一員として、昨年の東京大会の御礼も兼ねて参加しました。
今年は、出雲大社(いずもおおやしろ)の60年に一度の大遷宮の年にもあたり、また島根県は全幼Pの第1回目の全国大会が開催された地でもあり、深い縁(えにし)を感じます。

島根県と言って思い出すのは、日本文化をこよなく愛し、帰化して日本文化の研究に生涯を捧げた小泉八雲ことラフカディオ・ハーンのエピソードです。明治23(1890)年に来日したハーンは、最初の赴任地、島根県の松江中学校で英語を教えていたころ、生徒たちの礼儀正しさを絶賛して、手記に次のような言葉を残しています。
「最も洗練された礼儀作法―それは、フランス人でさえ思いも及ばぬほど洗練された礼儀作法―が、出雲の少年には、その髪の毛や皮膚の色と同様に、生まれながらに備わっているのであろうか」…まさに手放しの絶賛です。しかし、今から百年前の日本の子供たちは、日本中どこでも、そうだったと思われます。

フランシスコ・ザビエルの江戸時代から、ラフカディオ・ハーンやエドワード・シルベスター・モースの明治時代、ダグラス・マッカーサーの昭和の敗戦時まで、日本人に接した外国人はことごとく口をそろえて、世界にこれほど礼儀正しく、誇り高い民族はほかにないと驚嘆したものでした。
教育の場は学校のみならず、幼児期からの家庭での躾や日常の営みがそのまま教育でした。子供たちの礼儀作法や生活態度は、当時の日本ではごく平凡なものであったかも知れませんが、世界最高水準であったことを、彼らの賞賛は物語っています。

これらのことからも分かるように、幼児期からの教育が、その後の人間形成にとってどれほど大切であるかは言うまでもありません。その意味するところを常に念頭に置いて、全国国公立幼稚園長会と全国国公立幼稚園PTA連絡協議会が半世紀以上に亘って歩んできた歴史もまた、意義深い実績を有するものであると確信しております。

「エデュケーション・ファースト」…パキスタンで女子が教育を受ける権利を訴えて武装勢力に頭を撃たれた16歳の少女マララ・ユスフザイさんが、本年7月12日、ニューヨーク国連本部で演説したのは記憶に新しいところです。教育こそが、世界の貧困・差別・紛争・対立などの諸問題を解決する、ただ一つの解決策であると、彼女は訴えました。
一方で、「教育は国家百年の計」といわれてきたことを、現代の日本人は必死になって忘れようとしているかのようです。日本の教育が、経済と福祉の波に飲み込まれないよう見守り、幼児期からの「教育」の意義を世に問うていくことが、私たちの使命である―そのことの認識を新たにした、島根大会でした。

なお、本大会の開会式では、昨年度子育て研修会を開催いただいた港区立青南幼稚園が文部科学省より優良PTA表彰を、元都幼P会長の北島顧問・井筒顧問がPTA活動振興功労者表彰を受賞され、また東京都公立幼稚園PTA連絡協議会も全幼P会長表彰を受賞しました。高森も文部科学大臣よりPTA活動振興功労者表彰を拝掌し、身に余る光栄に至福を感じているところです。この度の受賞を励みとし、今後とも日本の教育の振興・発展のため、微力ながらもお手伝いしたいと決意を新たに致しました。
PTAの皆様の活動が日本の教育の支えになります。お互い頑張りましょう。

全国国公立幼稚園PTA連絡協議会理事・第50回全国大会東京大会実行委員長
高森大乗 

5. アクセス過多やその他の予期せぬ要因により通信障害等が発生し

 本日、都幼P総会が台東区生涯学習センターにおいて開催され、お陰様をもちまして、諸般の議題を滞りなく議了いたすことができました。詳細は、総会資料にてご確認くてださい。
なお、この度、会長はじめ役員の人事に異動がありました。つきましては、新旧会長挨拶文を下記に転載いたします。
今年は、子育て研修会10周年目にあたり、広報誌通巻50号記念号の編集も計画中です。今後ともよろしくお願い申し上げます。
高森大乗・中島 聡@都幼P



拝啓 向夏の候
御尊台にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。また平素より当会の活動に対し、種々ご理解とご協力を賜り誠にありがたく存じ上げます。
さて私こと高森大乗は、
六月六日の東京都公立幼稚園PTA連絡協議会総会にて、会長を退任いたしました。平成二十二年六月の就任以来、ひとかたならぬご懇情を賜りましたこと、厚く御礼申し上げます。後任には中島聡氏が就任いたしましたので、今後ともご支援を賜りますようお願い申し上げます。
なお私儀、今後は東京都台東区教育委員会委員として、PTA活動を通して得た知識と経験を活かし、教育行政の進展のため、全力を尽くす所存でございますので、何卒よろしくお願い申し上げます
右略儀ながら書中をもって、御礼旁々ご挨拶申し上げます   敬具
平成二十五年六月吉日
東京都公立幼稚園PTA連絡協議会 前会長 高森大乗


拝啓 梅雨の候
御尊台にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼を申し上げます。
さて私こと中島聡は、
高森大乗氏のあとをうけ、東京都公立幼稚園PTA連絡協議会会長に選任され、六月六日の総会にて就任いたしました。もとより微力ではございますが、幼児教育の発展のため、また子供たちの健やかな成長のため、ご期待に添えるよう最善を尽くし、この重責を果たす所存でございます。
何卒、前会長同様、格別のご教導とご厚情とを賜りますようお願い申し上げます。
まずは、略儀ながら書中にて、就任のご挨拶を申し上げます。   敬具
平成二十五年六月吉日
東京都公立幼稚園PTA連絡協議会 会長 中島 聡

当該退会時点で発生している利用料金その他の債務等の一切を一括して弁済するものとします

都幼P会員各位
平成25年5月21日付けで、東京都青少年・治安対策本部より、下記の公募のお知らせが届いておりますので、広く会員の皆様に周知いただけますと幸いです。
自転車の安全利用についてご関心がおありの方は、是非エントリーしてみてください。

高森大乗@都幼P



東京都では、自転車安全利用推進計画を策定します。この計画は、自転車利用者をはじめ社会全体で自転車の安全利用を推進するための基準となるものです。計画の策定に当たり、自転車利用者の意見を反映できるよう、協議会の都民委員を公募します。

1 募集人数
3名以内

2 応募資格
次の要件を全て満たす方
1.自転車を少なくとも週に一度利用している方
2.平成25年4月1日時点で満20歳以上で、都内に居住している方
3.今年度中に3回程度開催する協議会に出席できる方(第1回は7月8日開催予定)
4.氏名や協議会における意見が公表されることに同意する方
5.都の職員(都の監理団体等都と密接に関係する機関の職員を含む。)とその家族でない方

3 応募書類
1.申込用紙(別紙PDF形式:72KB)
2.作文(800~1,200字程度)「自転車が安全で適正に利用されるために必要なこと」

4 応募方法
郵送又はファクスで応募してください(提出いただいた書類は返却しません。)。
郵送:〒163-8001 東京都青少年・治安対策本部交通安全課 公募担当(住所不要)
ファクス:懸命にサモアの突進を止める坂手(左)と稲垣=杉本昌大撮影増税いよいよ : 今日の写真は語る : 写真 : 読売新聞オンライン

5 応募締切
平成25年6月14日(金曜日)必着

6 選考方法
青少年・治安対策本部の選考委員会で選考します(選考結果は、交通安全課のホームページで公表します。)。

7 出席の報酬
東京都が規定する報酬額を支給

8 その他
計画は、平成25年7月施行予定の「東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」に基づくものです。条例の詳細や検討経緯等は、ホームページ送料無料 (業務用50セット) ニチバン セロテープ CT405AP-12 12mm×35m 10巻(業務用50セット) スリーエム 3M メンディングテープ 811-3-24 24mm×30m【配達日時指定不可】をご覧ください。
※青少年・治安対策本部公式ツイッター (業務用100セット) ニチバン 両面テープ ナイスタック 〔幅15mm×長さ20m〕 NW-15東レインターナショナル シグナルスリングHG 両端アイ形 幅35mm 長さ5.5m SG4E35−5.5 1本 (お取寄せ品)

問い合わせ先
青少年・治安対策本部総合対策部交通安全課
電話 職場環境も守る : ズームアップ : 写真 : 読売新聞オンラインア・リーグ新人王受賞 二刀流"ShoTime" 大谷翔平

*DAZN for docomoへの加入はこちら(新規入会31日間無料)*(読売IDでログインするとリンクが有効になります)概要:キャンペーン専用登録ページからDAZNに加入いただいた方に限りポイント15倍(まとめ) ジャパックス LD規格袋 500シリーズ13号 260×380mm 厚口タイプ L513 1パック(50枚) 〔×30セット〕送料無料

パ・リーグ – 西武 vs ファーストステージ勝者

 本日(25年5月22日)、都庁にて東京都安全・安心まちづくり協議会幹事会が開催され、本会から高森が出席しました。都幼Pとしては、「子育て研修会」の安全教室、あいさつキャラバンなどで協働連携している事業です。本年度は、条例施行10周年にあたり、記念の事業も予定されております。

冒頭の挨拶で、樋口眞人氏(東京都青少年・治安対策本部長)は、東京都の治安維持や青少年の健全育成のみならず、広く都政全般に対して、本協議会に加盟する各構成団体の日頃からの理解・協力に謝意を述べられました。また、東京都安全・安心まちづくり条例が施行されてより10年を経て、刑法犯の認知件数が4割減少するなど著しい成果を上げていること、一方で、都民の意識の中には防災に次いで治安に対する要望が依然高いことなどに触れられ、刑法犯の減少と反比例するかのように都民の体感治安に対する不安感が増大している一因として、人々の規範意識の低下と地域の絆の希薄化を挙げられ、今後とも協議会各構成団体と情報連携・協働連携をはかって、青少年の規範意識の向上(具体的には心の東京革命が推進する諸事業等)や地域の絆の再生を通じて都民が安心して暮らせる社会作りのため活動を継続していく必要性を唱えられました。

樋口氏の挨拶を受けて、続いて石田高久氏(警視庁生活安全部長)が挨拶され、警視庁でも防犯ボランティアの拡充や街頭防犯カメラの設置、自転車の危険運転・万引き・町の粗暴犯など小さなルール違反を見過ごさない社会の気運づくりの必要性を提言されました。

10周年の節目を迎え、「継続は力なり、されども継続には努力が必要」と樋口氏が力説されていたのが心に残ります。

なお、今後の予定ですが、平成25年6月27日(木)に総会が、25年10月29日(火) に東京都安全・安心まちづくり条例施行10周年記念式典が、それぞれ予定されております。

高森大乗@都幼P
 妊婦の採血等で胎児にダウン症などの染色体異常があるかを高い精度で調べる出生前診断。日本では出産の高齢化もあいまって、新たな生殖医療として注目されていますが、「命の判断を慎重に」との声も多く聞かれます。

日本科学未来館が、2月1日から4月8日までの間に来場した来館者800名に出生前診断についてアンケートを実施し、その報告と検証が下記のブログに紹介されています。やはり賛否両論の声があり、考えさせられます。ご高覧下さい。
ブログ未来館のひと
ポイント15倍(業務用100セット) ニチバン 製本テープ/紙クロステープ 〔25mm×10m〕 BK-25 黒送料無料

8年間の幼稚園のPTA活動の中で、様々な家庭環境にある会長さんたちとご一緒いたしました。お子さんの入園式当日にご主人を病で亡くされた方、長い間ご主人からのDVを受け続け在園中に離婚された方などなど…そうした中に、発達障害を抱えたお子さんをお持ちの会長さんもいらっしゃいました。どの会長さん方も、ご自分のおかれた境遇を悲観することなく、前向きにとらえて活き活きとしていらしたのが印象に残っています。いまでも、彼女たちとは交流が続いています。また、都幼Pが加入している東京都公立幼小中高PTA連絡協議会には、都の特別支援学校のPTAも参画しており、支援を必要とするお子さんをおもちの保護者の方々とも交流をはかり、常に情報を共有しています。普段知り得ない貴重な情報や価値観に触れる機会となっています。

そうした現役の会長時代の平成20年、区が主催する学校保険会の講演会で東京慈恵会医科大学の小野和哉氏の講演を聴く機会がありました。主に自閉症・ADHD・アスペルガーなどの軽度発達障害について触れた講演内容でしたが、障害を障害と判断するのは、人類の進化の営みを否定する健常者のエゴかも知れないというような提言をされていたのが記憶に残っています。

氏の研究によれば、自閉症などの発達障害の原因のひとつに、人類の進化の過程における遺伝的要因が考えられそうです。これらの障害は、本来人間の脳の適応過程で現れる症状の1パターンであって、決して障害ではないのかもしれないのです。情報量の多い現代社会では、膨大な量の情報を操作し整理し処理する能力が求められるわけですが、そうした環境にあって、パニックを起こさないよう制御する脳の作用が、こうした症状を引き起こしている可能性があるといいます。
長い人類の進化の過程で、情報の少なかった時代では、それまで何ら問題のなかった状態が、情報量のあふれかえった現代社会で、社会生活に順応できない適応能力不足という症状として顕在化してしまったのが軽度発達障害なのだそうです。
たとえば昔の家庭や学校には、今日ほど膨大な情報が充満していませんでした。室内遊びでは、テレビもゲームもありません。外遊びでは、何もない野原や空き地で想像力を逞しくして子供達は遊んでいました。公園の遊具も少なかったし、遊園地やテーマパークもなかったのです。
自閉症的症状というものは、昔からあったと推測されるのですが、その中でのびのび育っていた子供には、こうした症状が適応障害の問題となるほどではなかったのです。限られた情報量の中ではさほど問題のなかった人間が、今日の情報過多の社会に放り出されて、その情報の処理に追いつかず、自分のことしか見えなくなる自閉傾向が顕著となっているものと氏は推察されます。

遺伝の異常は、人類が飛躍する可能性を模索している結果であって、生物の進化の過程で不可欠な大切な営みであるので、すべてを否定し排除することはあってはならないとのご指摘に、多くの気付きを得ることができたのを覚えています。地球環境が激変した時、適応できなくなるのは「今日の健常者」のほうかも知れないのです。

高森大乗@都幼P

パ・リーグ – 西武 vs ファーストステージ勝者

 本日、新旧理事会が台東区生涯学習センターにて開催されました。

24年度理事の皆様方には、一年間お世話になりました。昨年度は、24年度都幼P最初の一大事業となった全国国公立幼稚園PTA連絡協議会設立50周年記念の夏の全国大会(東京大会)を皮切りに、過去最多の2100名を越える参加者を得た子育て研修会はじめ、各種リーダー研修会など都幼Pの恒例行事も盛大に開催され、皆様のご協力で本会の24年度事業も滞りなく進めることができましたことを、まずもって御礼申し上げます。この度、晴れて幼稚園を卒園され新しい一歩を踏み出された方もいらっしゃるかと思いますが、皆様には、これからも公立幼稚園と公立幼稚園PTAの活動を、陰となり日向となって支えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、25年度理事の皆様方には、今年一年お世話になります。都幼Pの会議は、総会・理事会併せてわすが年6回しかありません。これだけの大所帯ですから、なかなか相互の連携や連絡をとりづらいというのが実状で、そこで都幼Pでは、ブログによる情報発信を充実させてきました。単なる事務連絡ばかりでなく、各種研修会の報告、認定こども園をめぐる国会の動向、子育てと仕事のワークライフバランスの課題、特に昨年度は世間を動揺させたいじめ・体罰・自殺の問題などなど様々なテーマを取り上げています。是非、ご高覧いただければ幸いです。
幼稚園の現役保護者の皆様が置かれている「いま」は、親として「人生で最高の時」です。幼児期の子育ては今しかできません。人生で一番清らかな年代の子供達とすごす、繰り返すことのない倖せの時間、心ゆくまで楽しみましょう。都幼Pとしても、そのお手伝いをできればと考えております。今年一年、どうぞよろしくお願い致します。

以下に、本日の新旧理事会のご報告を申し上げます。
高森大乗@都幼P



(1)24年度事業報告・決算報告
本日、双方の報告書を各区の理事数×2部配布しました。詳細は、各区理事にお問い合わせください。総会での報告事項となります。

(2)25年度事業計画・予算案・人事案
詳細は、各区理事にお問い合わせください。事業計画は、以下の通りです。
◎都幼P会議(理事会・総会・役員会)
総会    25年 6月 6日(木)10時 (役員会は9時)
理事会   25年 7月 4日(木)10時 (役員会は9時)
理事会   25年 9月11日(水)10時 (役員会は9時)
理事会   25年10月15日(火)10時 (役員会は9時)
理事会   26年 1月30日(木)10時 (役員会は9時)
新旧理事会 26年 5月(予定)  10時 (役員会は9時)
◎子育て研修会関係
第10回子育て研修会 25年10月27日(日)終日
◎各種リーダー研修会
幼小中高PTAリーダー合同研修会 未定(幼・小・中・高の各校種の日程調整が必要)
幼稚園PTAリーダー研修会    26年1月21日(火)午前(予備日1月20日午前)
*リーダー研修会の日程は、講師のご都合もあるので、厳密には2学期まで確定できません。
◎全国大会
島根大会    25年8月9日(金)・10日(土) 
予算案につきましては、本日ご提出いただいた各区の加入園数と加入園児数をもとに策定いたします。役員会の内局で素案を作成し、次回の総会で俎上にあげてご協議をいただきたく存じます。
役員人事につきましては、過日開催された臨時役員会での決議事項の報告をいたしました。会長、副会長2名、会計1名、書記2名、監査1名、事務局長1名などに異動があります。いずれも、総会にてご協議いただくこととなります。会長の改選に伴い、6月の総会以降の新事務局が港区立にじのはし幼稚園に変更となります。

(3)担当区の件
2月の理事会承認事項により報告しました。本年度の担当区は以下の通りになります。
◎子育て研修会…江東区
◎幼稚園PTAリーダー研修会(ブロック研修会)…千代田区
◎幼小中高PTAリーダー合同研修会…足立区
◎都幼P広報編集担当…世田谷区
◎書記…新宿区より2名選出(任期:1年)
◎会計…中央区より1名選任(任期:会計2年+監査1年)
なお、平成28年度までの各部担当区一覧(子育て研修会・各種リーダー研修会・書記・広報の担当区)も配付しました。26年度以降の一部の担当区については、現時点では発案に留まり、今後ご相談をしながら確定していく部分となりますので、ご承知置き下さい。

(4)本年度会費納入の件(都P会計)
本日、理事の皆様に会費納入のお願い、会費納入書、封筒3種類を配布いたしました。各区理事の皆様には、区内各園からお預かりした会費をとりまとめ、所定の封筒に入れ、会費納入書に必要事項をご記入の上、都幼P総会にご持参ください。
赤字で記載のある封筒は都幼P会費、青字は全幼P会費、緑字は全国大会分担金となります。園児数は、原則として5月1日現在の園児総数で計算してください。
領収書は区幼P宛のみ発行が可能です。単位PTA宛ての領収書の発行は、必要に応じて各区幼Pでご対応をお願い申し上げます。
なお、別途、「加入園に関する情報提供のお願い」をお配りいたしました。提出期限は5月17日、提出先は都幼P会計宛となりますので、ご協力方、何卒宜しくお願い申し上げます。

(5)全国国公立幼稚園PTA全国大会の件
すでにご案内の通り、25年8月9・10日には、第51回全国大会(島根大会)が予定されています。本日、その第2次案内と参加申込書をお配りいたしました。参加ご希望の際は、所定の用紙にご記入の上、新事務局(港区立にじのはし幼稚園)宛にファクシミリでお申し込みください。

(6)都幼P情報交換アンケートの件
昨年度の「都幼P情報交換アンケート」の結果を集約いたしました。多くの幼稚園からご意見・情報をお寄せいただきました。ご協力ありがとうございました。アンケート結果は、本日各園1部づつ印刷して配布いたしましたが、ご希望があれば増刷も致しますので、お気軽に都幼P事務局までご一報ください。また、追って、都幼Pホームページにもアップいたします。

(7)引継ぎファイルについて
過年度配布していた都幼P理事の引継ぎファイルの件、本日、刷新した最新版を各区理事用に配布いたしました。本年度早速にご活用いただき、次年度への引継ぎの際にもご利用ください。

(8)24年度を振り返って
前年度の理事の皆様を中心に、感想や抱負をお話いただきました。
「思いを共有する多くの人たちと出会えたことが宝になっている」「困った時に相談できる人がたくさんいることに気付いた」「毎回の理事会終盤の情報交換では、幼稚園存続の問題についても情報を共有できた」「全国大会は大変だったが、それを機会に区内の各園の結束力が一段と高まった気がする」「小学校にあがっても、幼稚園のPTAで積んだ経験を活かしていきたい」「子育て研修会の遊びコーナーの取り組みを参考に、区Pや単Pの活動に取り入れて好評を得た」「都幼P役員や各区理事の皆さんの幼児期の教育にかける思いや志の高さに感服した。一方で単位PTAの会員の意識向上の難しさも知った」「他区の会長さんたちとも交流が図れ、区を越えて悩み事などを相談しあえたのがよかった」などなど、多くのお言葉を頂戴いたしました。

ありがとうございました。皆様とこうして同じ方向を見据えて活動できますことを嬉しく、また誇りに思います。今後ともよろしくお願い申し上げます。

より受付からDAZNの登録ページにアクセスし

各位

本日、東京都幼小中高PTA連絡協議会第1回理事会が、都小P事務所で開催され、本会からは高森と桑原が出席しました。

東京都教育庁地域教育支援部生涯学習課より、25年度事業として、社会教育関係団体補助金対象事業ならびに委託事業(各種リーダー研修会)の件について説明がありました。本年度の東京都幼小中高PTAリーダー合同研修会の日時・会場・テーマは検討中です。

また、新年1月に予定されている都教育懇談会の担当は都小P、賀詞交歓会の担当は都幼Pに決まりました。

本年度は、毎年実施される「文部科学大臣表彰(優良PTA表彰)」と併行して、65周年記念となる5年に1度の「功労者表彰(個人表彰)」が予定されています。都幼Pからも優良PTAの団体・個人を推薦したいと考えています。

次回理事会は、6月24日(月)を予定しています。

高森大乗@都幼P

会員各位

東京都幼小中高PTA連絡協議会に所属する都小P事務局を通じて、下記のイベントのご案内をいただきましたので、ご紹介いたします。
当ブログでご案内するのは、幼児期向けのイベントですが、会期中には、ほかにも幅広い年齢層を対象にしたイベントが開催されます。本事業は、毎年各地で開催され、東京国際フォーラムでは、今年で9年目を迎えます。
つきましては、近日中に各区P連の24年度都幼P代表理事様宛に、各園2部づつのチラシを都庁交換便にて区毎に一括送付申し上げます。
24年度の代表理事の皆様におかれましては、ご対応いただけるようでしたら、区内の都幼P加入園宛に転送・配布いただければ幸いです。
また、各園におかれましては、PTA会員の皆様にも広くお知らせいただければ幸いです。

高森大乗@都幼P

記職場環境も守る : ズームアップ : 写真 : 読売新聞オンライン増税いよいよ : 今日の写真は語る : 写真 : 読売新聞オンライン

GWは、お子さまと一緒に、音楽の国を探検しよう!
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2013 “パリ・至福の時”
東京国際フォーラム、東京・丸の内エリア 5/3 (金・祝)~5/5 (日)

フランス発・日本で進化した世界最大級のクラシック音楽祭、LFJとは?
○赤ちゃんからクラシックファンまで、老若男女誰でも楽しめる。
○1公演約45分。朝から晩までいくつものプログラムを気軽にはしごできる。
○国内外の一流の演奏を低料金で楽しめる。
○屋外コンサートやキッズプログラムなど、多彩な無料イベントを開催。
○丸の内の街全体が音楽であふれた「パリ」「お祭り」ムード一色に。

乳幼児のお子さまと一緒に楽しめるコンサートも充実!
毎年、赤ちゃんをお連れのご家族に大人気の「0歳からのコンサート」が今年も登場!子どものための音楽といえども子ども向けになりすぎず、大人の想像力をも充分に刺激する質の高さをキープするのがフランス流。これらのコンサートで、お子さまと一緒に想像力の翼を思いっきり広げてください!また、日中の有料公演は、3歳以上のお子さまもご入場いただけます(19時以降開演の公演を除く)。

※「0歳からのコンサート」のみ、2歳以下のお子さまもご入場いただけます。その場合、18歳以上の保護者1名につき、お子さま1名までひざ上無料にてご鑑賞いただけます。
展示ホールに巨大な音楽広場が出現![キッズプログラム]
有料公演に出演するアーティストたちが、キッズのために特別プログラムをご用意。何が飛び出すか、お楽しみに!
※有料公演のチケット(または半券)1枚あれば3日間無料で参加できます。

乳幼児をお連れの方に、うれしいサポートをご用意!
オムツ交換ができる多目的トイレ、授乳室、ベビーカー置き場をご用意しています。
有料公演を鑑賞されている間、お子さまをお預かりする託児サービスを実施いたします

チケット好評発売中!
[お問い合わせ]ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭事務局
Tel:懸命にサモアの突進を止める坂手(左)と稲垣=杉本昌大撮影当該退会時点で発生している利用料金その他の債務等の一切を一括して弁済するものとします(平日10:00?17:00)
詳しくはこちらへ
公式ウェブサイト

5. アクセス過多やその他の予期せぬ要因により通信障害等が発生し当社が保有する自らの個人情報の開示及び訂正ヘラマンタイトン スパイラルチューブ (ポリエチレン製) 乳白 長さ25m TS-20 ( TS20 )

またアメリカ・メジャーリーグも大谷翔平や田中将大らの出場試合を中心に1日最大4試合を配信し

各位
いつも都幼Pブログをご覧いただきありがとうございます。本ブログでは、GoogleやYahooなどの検索エンジンを利用して、都幼Pブログを閲覧された場合、アクセスログの解析が自動的に行われているのですが、このたび、検索の際に皆様が入力された「検索キーワード」の過去3ヶ月の集計を整理いたしましたので、お知らせいたします。
皆様が、どのようなテーマにご興味を抱いて都幼Pブログを訪問されているか、お判りになるのではないかと思います。集計結果は、今後のブログ記事の筆耕に役立てていきます。
ちなみに、この時期1番の検索結果になっている「がんばれ先生!東京新聞教育賞」ですが、本年度は都幼Pからは長尾副会長が選考委員に選出されております。その後、審査委員会にオンテーブルされ、そろそろ確定の時期になります。審査委員会の結果は報告を受けておりませんが、近日中に東京新聞紙上に開示されると思われます。
高森大乗@都幼P



がんばれ先生!東京新聞教育賞 68件
自殺 46件
菓子の食べ過ぎ 41件
いじめ 26件
マイケル・サンデル 26件
都幼P・東京都公立幼稚園PTA連絡協議会 19件
廣中邦充 14件
子育て四訓 10件
東京都幼稚園PTAリーダー研修会 9件
全国大会 8件
防災教育 7件
アンケート 6件
磯部頼子 6件
子育て研修会 6件
小野関和海 6件
幼児期運動指針 6件
千葉真己恵 5件
全国国公立幼稚園PTA連絡協議会 5件
東京都公立幼小中高PTA連絡協議会 5件
井出一雄 4件
身体遊び 4件
瀬戸口清文 4件
体罰 4件
天声人語 4件
感性コミュニケーション 3件
前頭葉・脳科学 3件
平松義樹 3件
命の授業 3件
幼保一元化 3件
我が家のルール 2件
及川幸彦 2件
杉森伸吉 2件
都立高校無償化 2件
東京都幼小中高PTAリーダー合同研修会 2件
反いじめ法 2件
非行に走らせる10箇条 2件

以下略
ラグビー日本選手権 神戸製鋼 18季ぶりVチャック付袋 ミニグリップ JG-J 1ケース1,500枚 (100枚×15袋)ビニール袋 | TANOSEE ポリエチレン手提げ袋 小判抜き ハードタイプ LL ヨコ400×タテ500×厚さ0.05mm ホワイト 1パック(50枚) (×10)

増税いよいよ : 今日の写真は語る : 写真 : 読売新聞オンライン

 昨日、地元の青少年委員協議会・教育委員会共催事業で、公立中学校の生徒会役員が一堂に会して、学校に関連した様々なテーマについて討議を行う「中学生サミット」に出席しました。本サミットは、区内7校の公立中学に通う生徒同士が、学校の情報を共有し、今後の生徒会活動の充実を図ると同時に、青少年委員や教育委員会はじめ学校関係者が、中学生の考えを聞くことで、これからの青少年育成に活かしていくために毎年開催されているもので、今回で第7回目になります。

本年度のテーマは「いじめについて考える」です。生徒の代表が議長を務め、各校からの事例発表ののち、質疑応答・意見交換がなさました。

文部科学省が改正した「いじめの定義」について、「いじめ」とは、「当該児童生徒が、一定の人間関係のある者から、心理的、物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの」と定義されていることを前提に、いじめる側・いじめられる側・傍観している側のそれぞれにおいて「いじめ」の感じ方は違うということ、いじめる側や傍観者も「からかい」「いじり」「遊び」の延長と受け止めてしまうと感覚が麻痺してしまうこと、いじめられている側の立場にたって受け手の苦痛の理解が不可欠であることなどを認識。「いじめ」は隠れて行われることが多く、見逃さないための手だてに乏しいこと、いじめ防止を啓発しても、罪の意識が希薄ないじめる側には伝わりにくいことなど、課題も多いことが指摘されました。そうした中で、各校で取り組んでいる対策、あるいはこれから取り組もうと思っている活動について、意見が交わされました。具体的には…

・生徒会朝礼での啓発運動
・いじめ防止ポスターの作成・掲示
・いじめが罪であることを啓発する寸劇の上演
・匿名の体験談の紹介
・相談箱・意見箱の設置
・生徒主導のアンケート実施(学校が家庭や生徒に対して実施したアンケートとは別に、生徒が生徒に対して実施)
・生徒同士のカウンセリングの実施
・生徒会と学級委員との情報交換
・生徒会の見守り活動(パトロール)
・登校時の挨拶運動(挨拶を通して、会話の機会を増やし、他者への理解や自他尊重の精神を定着させる)
・いじめをなくす雰囲気作り(風紀美化に努めたり、校則や小さなルール、あるいは礼節を守るなどの規範意識を定着させることで、学内全体にまじめな空気を作る)
・PTAとの対話
・傍観者の意識改革(周囲の人の気付きを促す)
などなど、様々な取り組みが提示されました。

流石に中学生(しかも生徒会役員)だけあって、しっかりと問題意識を持って取り組んでいることが判りました。と同時に、彼らが忘れている大切なものがあることに気づきました。確かに、学校と歩調を合わせ、生徒同士が自発的に「いじめ」の撲滅に乗り出そうという思いは理解できました。しかし、学校や自分たちだけで、この問題を解決しようと無理をすれば、必ずいじめる側の反発を招きます。ますます陰湿化し隠蔽されていじめが行われることになりかねません。
未成年である生徒が第一に頼らなければならないのは、学校や生徒ではなく、当然「家族(保護者)」です。家族や家庭との信頼関係を活かさないで、「いじめ」はなくなりません。いじめられている側は、家族や友人にさえ相談できずにいる人もいます。もしかすると、家庭に問題のある生徒もいるかも知れません。しかし、誰かがいじめの存在に気づいたら、匿名の書面でもいいので、いじめている側、あるいはいじめられている側の本人の家族に、いじめの実態を伝えることも必要になる場合があるでしょう。各家庭内で話し合う機会がもたれることが期待できます。
PTAや地域を活用するという方法もあります。いじめに気づいた周りの人は、先生に直接相談しても取り合ってもらいないようであれば、PTA会長・町会長・青少年委員・民生児童委員などを通じて校長・副校長に上げてもらうのもいいでしょう。

いずれもケース・バイ・ケースが求められることが多いので、特効薬とはいかない場面もありますが、忘れてはならない方途のひとつではないかと思います。
 なお、当ブログの廣中邦充氏の記事http://blog.tokyo-pta.net/?eid=1000130もご参照ください。
高森大乗@都幼P

当社が前項各号に定める措置を講じた場合に生じた事象につき

 本日、全国国公立幼稚園PTA連絡協議会理事会(第3回)が、東京渋谷の国立オリンピック記念青少年総合センターで開催されました。本会からは高森が出席しました。
萬里小路会長は、冒頭の挨拶で、OECDの指摘にもあるように国家の衰勢は教育にどれだけ財源を投入できるかにかかっていることに言及し、日本の幼児期の教育が行財政改革の一環として等閑視されていくことに懸念を表明されました。また、国民、特に保護者の幼児期の教育に対する理解不足が深刻で、子育て支援(たとえば幼稚園・保育園・こども園では、長時間保育・バス通園・早期教育・給食などの側面)や福祉面の充実ばかりに目がいっている現状を憂い、更に教育委員会でも幼児期の教育に対して関与が希薄化している現状を指摘。
就労支援・男女共同参画という側面においても、女性の働き方の多様性を確保せずに、保育の改革ばかりが先行していることに触れ、子育て支援の拡充がかえって国や地方の財政を圧迫することも危惧されると述べられました。雇用側が長期育休・産休を拡充するなど女性の働き方そのものを改革しないまま、行政側だけが子育て支援を行っていても、待機児童は流動的で増減を繰り返す上に、脱少子化の解決に至らない可能性もあるのです。
結びに、昨年の三党合意のもと総合こども園制度がいよいよ来月以降に始動すること、年末の政権交代で六三三四制の見直しや幼児期の教育の無償化が提言されていることを受け、本会は今後、新制度を幼児期の教育の義務教育化のステップとしていきたいという思いを表明されました。

本日の理事会の主たる協議事項は、以下の通りです。

(1)島根大会(平成25年度・第51回)について
渡部幸太郎実行委員長(全幼P理事)より、大会主題・期日・会場の告知、提案発表の担当・テーマの開示、悉皆アンケートの経過報告がなされました。また、大会宣言文案が俎上に上がり理事会で承認されました。第2次案内は、本年3月末に発送予定で、参加申し込みは6月21日以降受付となる予定です。また、萬里小路会長より、島根大会における表彰状・感謝状受賞者(案)についても提示されました。

(2)平成24年度会務報告・決算中間報告、平成25年度活動方針・事業計画・予算案について
各報告が承認され、各提案が上呈されました。連Pを組織していないため昨年度まで1協議会として加入していた奈良県は、本年度より脱会し、今後、連P設立または単P加入を求めていくことで園長会に協力を要請していると報告がありました。また、萬里小路会長より、本年度、内閣府の諮問を受け、一有識者という立場で、子ども・子育て支援制度に対して意見を開陳されたとのご報告がありました。

(3)秋田大会(平成26年度・第52回)について
大関敏寛実行委員長(全幼P副会長)より、大会主題・期日・会場の予告がありました。会場が、秋田市の秋田キャッスルホテル・秋田県児童会館に変更になっています。

(4)今後の全国大会について
愛知大会(平成27年度・第53回)の提案県が静岡・三重・千葉の三県に確定しました。また、平成31年度(第57回)の開催県に新潟県、平成32年度(第58回)の開催県に富山県がそれぞれ名乗りを上げました。
なお、東京大会の集録・全幼Pの会報については、本年度中の発送を予定しています。集録は、近畿日本ツーリストを通じて、大会参加申し込みの際に登録された住所宛に送付されます。

(5)情報交換
(ⅰ)矢原健聖副会長より、大阪市立幼稚園の民営化について、経過報告と問題提起があまりました。市教委は、財源の有効活用をうたった市政改革プランを受け、59園ある市立幼稚園のうち一部を除いて民営化・廃園の方向で動いているとのこと。同時に公立園の教育カリキュラムのマニュアル化を進めていることも報告されました。これらは、今後、民間企業が幼児教育の分野に参入した際に、公立園で培った教育のノウハウを活用し、幼児期の教育の質を担保する目的があるのではないかと推察されるとのこと。幼児期の公的教育の必要性には触れずに、ただただ行財政改革の一環として公立幼稚園の民営化・統廃合が位置づけられていくことに懸念を表明されました。
公立幼稚園では、教員の資質の向上を図る分、人件費がかかるのは当然です。一教員は、新規採用のその日から不断の研鑽をつみ、公立小中学校の教員と同じく週案・日案等を立てて日々のPDCAを絶やすことなく、教育力向上のために幾多の研修を積み、結婚しては産休・育休も保証されて退職することなくその後の教員生命を持続させることができ、ベテンラ教員になれば若手教員の指導訓育にも力を注ぎ、中には永年勤続して管理職に就いて、幼児期の公教育発展のため全国レベルで尽力される方もいらっしゃいます。その分、人件費がかかるのです。しかし、そうして幼児期の公的教育の質の高さが保証されてきたのです。質の高い教育には多くの財源が投入されなければならないことは、言うまでもありません。「教育は国家百年の計」とよく言われますが、教育にお金をかけられない国は、どうなっていくのでしょうか。

(ⅱ)秋田県の大関敏寛副会長より、秋田県国公立幼稚園PTA研究協議会の活動について情報提供いただきました。教育立県として名高い秋田県は、教育委員会が求心的な力を発揮して幼児教育・学校教育に力を注いでいること、保護者の側も幼稚園教育の理解を深めるため、21年度以降、PTAが中心となって幼稚園教育要領の学習・研究などの研鑽を行っていることなど、大変参考となる取り組みが報告されました。また、7月14日に井川市で開催された第36回秋田県国公立幼稚園PTA研究協議会井川大会の集録もいただきました。こちらは全国大会の秋田版といっても過言ではなく、開会式・表彰式・提案発表・講演等々と盛りだくさんの内容となっております。県全体の団結力の高さを実感しました。再来年度の秋田大会にも期待がふくらみます。

(ⅲ)愛知県より、愛知県国公立幼稚園PTA研究協議会結成60周年記念誌をいただきました。

(ⅳ)東京都より、都幼Pの広報誌『大地のような子どもを育てたい』第49号を配布しました。

(6)今後の予定
第1回理事会 平成25年 8月 9日(金) 出雲市民会館
第2回理事会 平成25年11月14日(木)東京都(予定)
第2回理事会 平成26年 3月 6日(木)東京都(予定)

以上
高森大乗@都幼P

会員の利用環境により本サービスが利用できない場合があったとしても

 2月19日(火)、東京都公立幼小中高PTA連絡協議会理事会が開催され、本会から桑原正義副会長が出席しました。
主な協議内容は、過日開催された東京都教育懇談会・公立学校新年賀詞交歓会を振り返っての意見交換でした。

賀詞交歓会では、東京都の特別支援学校PTAならびに定時制通信制PTAの連合会から、普段なかなか聞く機会のない話題の提供があり、有意義な会になったとのこと。
来年度は、3年ぶりに都幼Pが新年賀詞交歓会の担当幹事となります。今回の反省点を活かして、有意義な交歓の場としていきたいと思います。

なお、次回理事会は、4月18日(木)19:00を予定しております。

高森大乗@都幼P

広島を除くセリーグ・パリーグ合わせて10球団の主催試合をカバー

S M T W T F S
読売新聞・報知新聞に掲載された写真を検索・閲覧できます(2) 会員が発信もしくは表示する情報を削除するよう要求することポイント15倍(まとめ) クラフトマン 規格袋 8号 ヨコ130×タテ250×厚み0.02mm HKT-020 1パック(100枚) 〔×100セット〕送料無料(業務用200セット) スリオンテック 布粘着テープ 343720 38mm×25m